フジ、アナウンサーの新たな活躍へ変革 脱慣例で局ブランド向上狙う


不文律を突破した“さんま特番”

フジテレビのアナウンサーたちが、最近次々と新たな取り組みに挑んでいる。昨年の夏には、国内最大級の音楽フェス『a-nation2018』のステージでパフォーマンスを披露し、今年2月に放送されたバラエティ特番『明石家さんまのFNS全国アナウンサー一斉点検』では、タブーを次々に破る驚きのトークを見せた。

この仕掛けを行っているのは、アナウンサーのマネジメントを行う編成局アナウンス室。慣例を脱し、積極的にアナウンサーを売り出していく狙いは何か。立松嗣章アナウンス室長に話を聞いた――。

続きを読む(マイナビニュース)