採用面接は土日や夕方活用 6月解禁、経団連が指針改定


経団連は7日、会長・副会長会議を開き、大学生らの就職活動の採用面接解禁を8月から6月に2カ月前倒しすることを正式に決定し、企業側のルールとなる「採用選考に関する指針」を改定した。学生に配慮し、面接を授業などと重ならないよう、土日や夕方以降の時間帯を活用することを盛り込んだ。

夏ごろに留学から帰国した学生が不利になるのを避けるため、秋季採用などさまざまな募集機会を設けることが望ましいとした。

続きを読む(共同通信47NEWS)