ラグビーワールドカップ「南アフリカ戦」実況の違い


<ラグビーワールドカップ「南アフリカ戦」実況の違い>
見事だったJ SPORTS、さすがのNHK、オソマツすぎた日本テレビ

ラグビーワールドカップ・南アフリカ戦。あらゆる競技を通じて史上最高の番狂わせとまで言われたあの試合、生中継していたのはNHK BS1とスポーツ専門チャンネルのJ SPORTS。地上波で放送権を持つ日本テレビは翌日に放送しました。

J SPORTSの実況アナをつとめたのは矢野武さん。もともとは大河ドラマにも出演した俳優さんで声が良いので誘われてアナウンサーもやるようになったようです。守備範囲の広い方ですが、自身経験者でラグビーはほぼ専門家。BS朝日「ラグビーウィークリー」のMCでもあります。

この方の熱い熱い南ア戦中継は、試合終了直前の80分19秒に発した、

「スクラムだ! 日本代表が南アフリカ相手に『スクラム組もうぜ! 宣戦布告』」
というフレーズ。これはネット上でも大きな話題になりました。

放送された3つのチャンネルの中継映像はどれも同じです。違うのは音声だけですが、ご存じのラストワンプレイの音声にそれぞれ特徴があります。いずれも熱いアナウンスではありますが、とりわけ矢野さんは熱く、ジャパンがトライをとった直後の

「とんでもないことをやってのけました日本代表! 世界のみなさん! これがニッポン代表です!」
と叫んだアナウンスは地元オブザーバー紙がワールドカップのベストコメンタリーモーメントとして賞賛しています。

もういちど最後のワンプレイの実況を視てみます。スクラムハーフ日和佐選手がスクラムにボールを入れてから逆転トライが決まるまでちょうど1分。

続きを読む(メディアゴン)