星野源のANNも人気、ラジコのタイムフリー・シェア機能がラジオ改革


ラジオ放送と同じ内容をネット上で聴けるサービス「radiko(ラジコ)」のタイムフリー聴取とシェアラジオサービスが10月11日に始まってから、約1カ月が過ぎた。すでに放送が終わってしまった番組でも1週間、振り返って聴けるという「聞き逃し聴取」が無料で利用できるという画期的なものだが、どのような効果をラジオ業界に与えているのだろうか。また、番組内で問題発言があった場合はどう対処されるのだろうか。11月10日に行われたニッポン放送の定例社長会見でのやりとりをもとにまとめた。

例えば友達から「星野源がオールナイトニッポンで面白いこと言っていたよ」と言われたとする。でも、録音した音源がなければ実際に聞き直すのは難しく、次回から聴こうと思っても放送されている月曜深夜1時にラジオを聴くというのも、生活スタイルによっては難しい人もいる。そういう時にタイムフリー聴取が役に立つ。

パソコンならばラジコの公式サイトへアクセス、スマホならばアプリをダウンロードし、それぞれ番組表をさかのぼって指定するだけで、過去の番組を放送当時とCMも含めて同じ内容で聴くことができる。

ここで気になるのが、出演者に問題発言があった場合。ニッポン放送の森谷専務は・・・

続きを読む(デイリースポーツ)