エロいニュースも…上田まりえアナ「勝ち組」への秘訣は自虐的ユーモア?


元日本テレビアナウンサーの上田まりえ(30)が、11月27日放送の『ボクらの時代』(CX系)に出演した。「女子アナ回」と題し、元TBSの田中みな実アナ(30)、同局の松村未央アナ(30)と3人で本音トークを繰り広げた。そんな中、松村アナが上田に「今でも原稿読んだりする機会も(あるんでしょ)」と聞くと、「でも、エロいニュース原稿しか読まないから」「分からないことは事前に調べるじゃん。スマホの検索もエロいワードばっかり検索するから、スマホもだんだんエロくなってきちゃって」と笑いを誘っていた。

2016年1月に約6年間在籍した日本テレビを退社した上田。その後、松竹芸能所属のタレントに転身してからはオファーが殺到している。現在は『5時に夢中』(TOKYO MX)で月~木曜日のアシスタントを務め、TBSラジオ『伊集院光とらじおと』にも火曜アシスタントとしてレギュラー出演中と、順風満帆だ。日テレ時代は後輩の水卜麻美アナ(29)や徳島えりかアナ(28)の陰に隠れてしまう地味で目立たない存在で、退社を発表した際には「局アナに留まったほうがいい」という声も上がったが、今や局アナだった頃より人気者に。一体、その理由はどこにあるのだろうか?

「厳しい表情で原稿を読む姿に、女子アナ嫌いのマツコ・デラックス(44)が『女子アナらしからぬ漁師みたいな女子アナ』と注目。一部で話題にもなりました。でも、それ以上に・・・

続きを読む(dot.ニュース)