森川夕貴アナ “うまく話そう”ではなく・・・


富川悠太アナウンサーがメインキャスターを務める報道番組「報道ステーション」(毎週月~金曜夜9:54-11:10テレビ朝日系)で、天気コーナーを担当する森川夕貴アナウンサーに、新人アナウンサーとしての1年を振り返ってもらい、ことしの抱負などを聞いた。

――’16年を振り返って、どうですか?

毎日「なぜ、思いを言葉に乗せることができないんだろう…」と、悔しい思いをすることが多かったです。

――天気を伝える上で、大切にしていることはありますか?

大雪が降ると事故が起こるなど危険な印象が強いですが、一方で雪が全く降らないとスキー場がオープンできないなど雪一つとっても天気にはいろいろな見方があり、さまざまな人に影響を与えるものだと実感しています。

多くの人が必要としている情報だけでなく、いろいろな視点を持って情報を伝えることを大切にしたいと考えています。

――アナウンサーとして天気を担当することになった時、どう感じましたか?

学生時代は、天気の情報はスマートフォンなどから得ることが多かったので、私で大丈夫なのかな…という不安の方が大きかったです。テレビで天気予報を見る機会はそう多くはありませんでしたが、今は気象情報は多くの人が必要としているものだと実感しています。

――番組で共演する方とはどのようなお話をされますか?

生放送が終わった後に、先輩の富川アナウンサーからアドバイスを頂いています。気象情報で「うまく伝えることを意識するよりも・・・

続きを読む(ザテレビジョン)