主に2019採用向けのアナウンサー対象セミナーが早くもスタート

2019採用アナウンスセミナー募集開始!!

5/9にテレビ朝日 5/15に日本テレビと、2019採用を見据えた アナウンスセミナー(今で言うアナウンサーのインターンシップ)の募集要項が発表になりました。

テレビ朝日(アナトーーク!2017)

開催日時:2017.6.11[日]

応募〆切:2017.6.6[火] (ES:午前10時/動画:午後3時)

 

日本テレビ(インターンナンデス!アナウンス編)

開催日時:2017.7.15[土] 16[日] 17 [月 祝]

応募〆切:2017.7.3[月]正午(エントリー)2017.7.4[火] 正午(ES動画)

昨年の両局のセミナー時期を見てみると

テレビ朝日は、6/1に予告があり、7/1に詳細発表。応募締切が8/2で開催時期は8/8,8/9。

日本テレビは、6/1に発表され、応募締切が7/4で開催が7/14~7/17でした。

日本テレビは今年は、発表自体は早かったものの、締切と開催日はほぼ同じです。

一方、テレビ朝日は、すべてにおいて2か月ほど前倒しになっています。(アナなる調べ)

今後も例年通りならば6月末までにはTBSやフジテレビも要項を発表すると思われます。

キー局アナウンスセミナー、採用試験データ(PDF)

アナウンスセミナーとは

放送局が実施する無料のアナウンスセミナーは、過去の歴史からもほぼ採用に直結するものです。

いわばアナウンサー本採用試験のプレ試験と言っても過言ではありません。

各局の現役のアナウンサーから直接、ニュース読みやフリートーク、インタビューの仕方などさまざまなアナウンススキルを教えてもらう他、人気アナウンサーの講演などもあり、だいたい最終日には、実際のスタジオを使ってのカメラテストも行われます。

「教えてもらい」と書きましたが、実際は現段階でのスキルチェックとともに、教えてもらったことへの吸収力をみたり、アナウンサーとしての資質や人間性などをチェックされ、今後が楽しみと期待された人は次の段階のセミナーに呼ばれたりします。

まずは書類提出

アナウンスセミナーを受けるためには、まず書類選考に通らなければいけません。

本採用試験ほど記入欄が多いわけではありませんが、それなりの自己分析のもと、自分をどうアピールする文章をを書けるかが大切です。

いずれ本採用試験で大量に書くことを考えると、記入欄が少なく書くスペースも小さいですが、エントリーシートを書くコツをつかんでおきたいものです。

そしてそれ以上に大切なのが、写真と動画です。

動画は2015年から各局で提出を求め始め、2016年からは地方局でも提出を義務づけるところが増えています。

どちらも光の角度や量、動画は声の聞こえかた(周囲の雑音が入り、声が聞こえにくくないかなど)で印象が全く違ってきますので、プロやその方面に詳しい人にお願いをするのが得策です。

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL