採用情報らくらく検索


2019年8月6日掲載

宮城テレビ

ミヤギテレビのインターンシップ第1弾の開催が正式に決まりました。
詳細は下記の通りです。

【開催日時】
2019年9月18日(水)
<Aグループ>10時~13時
<Bグループ>14時~17時
※両グループ共に、プログラム1・2を同時に開催します。

【開催場所】
宮城テレビ放送 本社
宮城県仙台市宮城野区日の出町1-5-33

【実施内容】
プログラム1:報道・制作メイン
プログラム2:営業・事業メイン
それぞれ約2時間のプログラムを用意しました。
10人のグループで、希望のプログラムを体験して頂きます。

また、上記に加えてスタジオなどの社内見学・社員との懇談(約1時間)も予定しています。
あわせて3時間程度のインターンシップとなります。
※交通費・お食事の用意はありません

【募集人数】
<Aグループ>プログラム1・2それぞれ10名 合計20名
<Bグループ>プログラム1・2それぞれ10名 合計20名
※応募者多数の場合、抽選にて参加者を決定させて頂きます。

【応募締切】
2019年9月1日(日)

【体験内容】
《プログラム1:報道・制作ってどんな仕事?》
事件や事故の第一報から原稿を作成していくシミュレーションを実施。要点をおさえた短いニュース原稿の作成を体験し、その原稿を使った疑似的な記者リポートも体験して頂きます。テレビ局の記者やディレクターは一体どんな毎日を送っているのか?どうやって情報を取るのか?先輩の体験談を踏まえながら学んで頂きます。

《プログラム2:テレビの営業・事業って何をするの?》
謎が多い(?)テレビ局の営業・事業を中心に学んで頂きます。
CMの値段・放送枠はどう決まっているの?放送局は何で視聴率で騒ぐの?などの疑問に答えます。
また、テレビ局の影の柱でもある営業の「稼ぎ方」 について、スポンサーに喜ばれる結果を出す仕掛けを一緒に考えていきます。
<例>あるスポンサーを例に、商品・ターゲットを踏まえたCMの入れ方、またテレビを使ったスポンサーの売上に繋がる販売促進企画について考えていきます。
また、テレビでよく目にする「事業告知」。
なぜ放送局はイベントを開催するのか疑問に思ったことはありませんか?
テレビ局の発信力を活用したビジネスモデルである事業の仕事について理解していただきつつ、ミヤギテレビで実際開催しているイベントの発展案などを一緒に考えていきます。

参加希望の方は、下記のサイトに登録のうえエントリーお願いいたします。
【マイナビ】 https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp208264/is.html
【リクナビ】https://job.rikunabi.com/2021/company/r868600023/preentry/U002/

☆第2弾は仙台・東京で12月以降に、秋のインターンシップで実施した以外の部署も体験いただくプログラムで開催予定です。