日本テレビ

2023年度入社の総合職新卒採用

               
募集職種 【1】制作・報道部門、【2】メディアビジネス部門
応募資格 1994年4月2日以降生まれで、2023年3月31日までに4年制大学・大学院修士課程・高専専攻科を卒業・修了、または卒業見込み・修了見込みの方。
※2023年4月1日時点で28歳以下であれば、卒業済みでも応募可能。
応募方法 すべての部門のエントリーは、日テレマイページからのWebエントリーが必要です。まだIDを取得していない方は、下記「エントリーボタン」から「2023マイページ」に入り、「新規登録」をクリックし、画面の指示に従って取得してください。なお、すでに「2022マイページ」のIDを取得している方も、「2023マイページ」のIDを新たに取得してください。
応募締切 2021年11月22日

【1】制作・報道部門
テレビ放送・インターネット配信でのコンテンツ制作業務を志望する方はこちらにエントリーしてください。

『バラエティ』
バラエティ番組のディレクター、プロデューサーなど

『ドラマ』
ドラマのディレクター、プロデューサーなど

『報道』
記者、ニュース番組・ドキュメンタリー番組のディレクター、プロデューサーなど

『情報』
情報番組のディレクター、プロデューサーなど

『スポーツ』
スポーツ番組・スポーツ中継のディレクター、プロデューサーなど

※総合職としての採用となりますので、上記以外の部署への配属の可能性もあります。

【2】メディアビジネス部門
既存ビジネスの強化・拡大や新規ビジネス開発業務を志望する方はこちらにエントリーしてください。

『営業』
地上波・配信などのCMセールス、渉外、マーケティング、営業企画の立案など

『エンターテインメント ビジネス』
イベント・ライブ・映画・IP(キャラクター等の知的財産)・ゲーム・通信販売などの事業プロデューサー、マネジメント業務など

『海外ビジネス』
海外に向けた番組などの販売、新規海外ビジネスの開発など、海外事業に関する業務

『DXビジネス』
動画配信などICT(情報通信技術)を用いた事業の企画開発、プロモーション、戦略立案、デジタルマーケティングなどの業務

『新規事業』
日本テレビの「新しい柱」となる事業を目指した、これまでのテレビの枠にとらわれないあらゆる新規ビジネスの企画・開発・展開

『コーポレート戦略』
経営企画、編成、宣伝、人事、総務、経理、考査、法務、グループ戦略などの業務全般

※総合職としての採用となりますので、上記以外の部署への配属の可能性もあります。

部門の併願について
※「制作・報道部門」「メディアビジネス部門」の併願はできません。この2部門の中から応募できるのは1つのみです。

(どちらか一方のESを登録すると、もう一方へはエントリーできなくなります。ご注意ください。)


   

他の放送局の採用情報を検索してみる