「復活のTBS」


このごろ、テレビ関係の人と会うと、決まって挨拶代わりにこんな会話になる。
「最近、TBSがいいね」

――事実、TBSは昨年から今年にかけて、総じて他局が視聴率を落とす中、唯一上昇傾向にあるのだ。近年、同局はずっと民放4位が定位置だったけど、2015年の年間視聴率では、ゴールデンとプライムタイムでフジテレビを抜いて年間3位に――。

その勢いは今年に入っても衰えない。
4月以降、遂に「全日」視聴率でもフジを上回るようになったのだ。
フジは近年、悪い悪いと言われながらも午前中だけは横並びトップだったんだけど、『めざましテレビ』からカトパンが抜けたあたりから日テレの『ZIP!』の後塵を拝すようになり、テレ朝もここへ来て朝帯の数字が上昇。相対的にフジが低下しつつあるのだ。

そんな中、TBSは『ひるおび!』が相変わらず好調。このままいけば、今年の年間視聴率はTBSが「全日」で3位になり、一方のフジは全日・ゴールデン・プライムの3部門で4位に沈んでしまう。わずか6年前は「三冠王」と言われていたフジが、である。

とかく話題になるTBSの番組

思えば、最近、テレビ界で話題になるのはTBSの番組が多い。
ベッキーの復帰回ということで話題となり、番組史上最高視聴率の24.0%(関東地区)を記録したのは、5月13日の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』だったし、あの古舘伊知郎サンが3月末の『報道ステーション』の降板から2カ月間の充電期間を経て、復帰の場に選んだのも、6月10日放送のTBSの『ぴったんこカン・カン』だった。なんと同回の視聴率は16.6%(関東地区)と、前4週平均から4ポイント近くのアップ。

TVcon07a

ちなみに、TBSはこの2つの番組に、『爆報!THEフライデー』を含めた金曜日のゴールデンタイムが、とにかく鉄板の強さを誇るんですね。

そうそう、火曜日の『マツコの知らない世界』も安定の二桁推移で横並びトップも珍しくないし、木曜日の『プレバト!!』と『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』も、いい時は軽く二桁に乗せる。何より、この2番組は子供たちに大人気だ。
土曜日の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』だって、最近は二桁が板についてきたし、この4月にスタートしたばかりの日曜日の『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』なんて、裏が大河の『真田丸』と日テレの『世界の果てまでイッテQ!』の強力布陣だけど、6月12日放送で番組最高視聴率を更新した。まぁ、演出が過ぎて、先日、出演者に収録の内訳を暴露されていたけど――良くも悪くも、最近のTBSの番組が話題になるのは間違いない。

TBSはドラマも好調

ドラマだってTBSは好調だ。4月クールで平均15%超えを達成したのは、TBSの日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のみ。平均17.2%(関東地区)で、2位の日テレ『世界一難しい恋』を4ポイント以上も引き離す圧勝だ。

また、視聴率こそイマイチだったものの、データニュース社が行う「満足度ランキング」で、4月クールの全作品・全話を通じて最も高い満足度を叩き出したのが、『重版出来!』の第9話。「週刊バイブス」の人気作家、高畑一寸がライバル誌の「週刊エンペラー」から引き抜きを受ける話で、「作家が本当に描きたい作品とは何か?」の命題に迫った傑作回だった。脚本は『空飛ぶ広報室』や『掟上今日子の備忘録』の野木亜紀子サン。僕が今、最も信頼する脚本家の一人だ。

金ドラの『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』も、平均視聴率9.0%(関東地区)と、最近の同枠では健闘したほう。何より『夢をかなえるゾウ』の水野敬也サンの原作だけあって、誰に向けて、何を訴えたいのかがすごくハッキリしたドラマだったんですね。他局と比較するのはあまりよくないけど、その辺りが、何を見せたいのか最後まで曖昧だったフジの『早子先生、結婚するって本当ですか?』と違うところ。

――そんな具合で、ここへ来て、なんだか絶好調のTBS。
若い人たちの中には、「あのTBSが善戦してるなんて!」と意外に思う人もいるかもしれないけど、いえいえ、そもそもTBSという局は、かつて「民放の雄」と呼ばれ、テレビ界をリードするスタープレイヤーだったんですね。TBSの活躍なくして、日本のテレビ界の発展はなかったと言われるほど。
えっ、信じられない?
ならば、かつてのTBSがどれだけ凄かったか、少し振り返ってみることにしましょう。

続きを読む(チェリー)