元乃木坂46市来玲奈、日テレアナ内定


元乃木坂46市来玲奈(21)が、日本テレビのアナウンサーに内定したことが2日、分かった。現在早大3年で、来年4月入社予定。乃木坂46卒業生がテレビ局正社員のアナウンサーになるのは初めてで、AKB48グループでも前例がない。大きな注目を集めそうだ。

今や日本を代表するアイドルグループになった乃木坂46の卒業生が、アイドル時代からの夢をかなえた。複数の関係者によると、市来は2日までに日テレ正社員のアナウンサー職に内定したという。今後は来年4月の入社に向けて、同期の内定者たちとともに研修などに参加するという。

11年8月に、乃木坂46の1期生オーディションに合格した。ファンから「広末涼子の再来」ともいわれた爽やかなルックスと透明感のある声が特長で、結成時から選抜メンバーに入り、デビュー前の初代「七福神」に選ばれた。早大の付属校に通学しながらアイドル活動も両立し、14年4月、第1志望だった早大文学部に内部進学した。14年7月の乃木坂46卒業後は女優として活動。昨年公開の「さざ波ラプソディー」で映画初主演を果たしている。

競技ダンス(社交ダンス)の実力も一流で、小6の時には世界大会に出場・・・

続きを読む(日刊スポーツ)