アナウンススクールに通う利点


ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー森遥香です。フリーに転身する前は、仙台のテレビ局で5年間局アナを務めていました。採用試験の面接官を担当したこともあります。
そんな経歴もあってか、よく聞かれるのが、「アナウンススクールに通った方が良いですか?」という質問です。そこで今回は、アナウンススクールに通うメリットをいくつか挙げてみました。
森遥香
宮城県出身。2013年に東日本放送にアナウンサーとして入社。報道から情報番組、スポーツ、深夜バラエティまで幅広く経験。5年勤めた後、ホリプロに所属。
現在は、日本テレビ系列「ZIP!」のレギュラーリポーターを務めている。宮崎瑠依と森遥香によるアナウンス講座、生徒募集中です!! 詳しくはこちら>>

アナウンススクールに通う利点

自分の現在地がわかる

中学生の頃からアナウンサーという職業に憧れを持っていた私は、大学入学と同時に地方から上京しました。しかし、入学した大学は都内ではなく、早慶や青学などのキラキラとした雰囲気はありませんでした。
大学2年生の秋に、某テレビ局のアナウンススクールに通い始めた私は、衝撃を受けることになります。
「アナウンサー試験を受けたい人たちってこんなにもレベルが高いの?!」と。
同じクラスになった女の子たちは、ミス日本やミス慶應や青山、他にもタレント活動をしている人やモデルのような子たちばかり。
アナウンスの基礎能力や実績にだけは自信があった私は、崖から落とされた気持ちでした。地味で洗練されていない自分のままでは、キー局どころか地方局だって受からないのでは、と。
そこから、アナウンス技術の練習をより強化すると同時に、同じクラスの子たちの服やメイクを参考にして、必死に見た目も磨くようになりました。
最近はアイドル出身の方がアナウンサーを志望するなど、年々アナウンサー試験のレベルが上がっているような気がします。限られた数の椅子を取り合うライバルたちがどんなに美しく、凄い経歴を持っているかを知り、危機感を持つことは、自分を高める上でもとても大事です。

情報が入ってくる

アナウンサースクールに通って一番良かったことは、試験を乗り越えるのに必要な様々な情報を手にできたことです。
OBOGの方からお話を伺ったり、内々での説明会が開催されたり、スクールに通っていなければ聞けない活きた情報がたくさんあります。
例えば、キー局の夏のセミナーは試験に直結しているなんて、スクールに通うまでは知りませんでした。
私自身も、よく後輩のみなさんのESを添削したり、アナウンサー試験の体験談を話すアドバイスをしたことも多々あります。

心の支えになる友達が出来る

講座を受講していれば、自由に使える自主練室というものがスクールには用意されています。私は週に何度か片道2時間半かけて通い、その自主練室を利用していました。
同じ受験生同士で情報交換をしたり、時には、みんなで集まって一緒に練習もしていました。
そうして出来た仲間は、アナウンサー試験を受ける上で心の支えにもなります。試験会場で会うと安心しますし、終わった後は反省会をして励まし合う。
アナウンサーになった今でも、試験を一緒に乗り越えてきたアナウンサーの友人たちは特別な存在です。

オーディションが受けられる

スクールに通っている学生を対象にした「学生キャスター」というオーディションがあります。受講生であることは前提で、そこからオーディションに声をかけてもらえる場合があります。
実際に、私も学生キャスターとして、BS/CS朝日のニュースを2年間ほど務めました。ニュースを伝える責任感や、連帯感を肌で学ぶとても貴重な経験だったと思います。
他にもアナウンススクールに通うメリットはありますが、大事なことは、レッスンを受けることだけが全てではないということです。スクールで何を得て何を学ぶかは、あなた次第です。


ホリプロアナウンス室 オンライン講座!!

現役アナウンサーを講師に迎え、プロのアナウンサー、リポーター、ラジオDJetcを目指す人のためのスキルアップ&実践講座を受けられるチャンス!

アナウンサー宮崎瑠依と森遥香が教えるオンラインワークショップ~5日間特別講座~
実施期間:2020年10月31日〜12月19日

また今後同様の講座を企画しております。
詳しくはこちら